OMCゴールドカード

OMCゴールドカード(ゴールドカードおすすめ比較2019)

TOPページ ゴールドカード一覧 > OMCゴールドカード

 

OMCゴールドカード

とにかく、かわいいデザインのゴールドカードが欲しい!

と、いう方にオススメのゴールドカードが、セディナゴールドカードハローキティです。

セディナゴールドカードハローキティには、ハローキティがデザインされており、数あるゴールドカードの中でもとびきりキュートなカードデザインです。

こんなかわいいデザインのゴールドカードなら、機能はたいしたことないのでは?
と、思う方もいるかもしれません。

たしかに、JCBゴールドカードと比較すると、その機能はやや劣ってしまうところもありますが、十分に魅力的な機能はそろっています。

まず自動付帯する旅行保険は、国内外ともに5,000万円まで補償してくれます。

カードで購入した商品が事故や火災によって壊れてしまったときの補償を行ってくれるショッピングガード機能は、最大100万円まで補償してくれます。

この補償は、OMCゴールドカード(ハローキティ)購入してから180日間有効となっており、これは全てのゴールドカードの中でかなり長い補償期間となっています

また、ゴールドカードの機能の代名詞ともいえる、空港ラウンジの無料利用の機能は、セディナゴールドカードハローキティには、ついていません。

ですが、カードブランドをVISAMasterではなくJCBを選択した場合、JCBゴールドカードで利用できる空港ラウンジが利用可能となりますので、心配いりません。(これは、JCBは提携ブランドのゴールドカードにも同等のサービスを提供するという企業姿勢から行われています。)

JCBゴールドカードが利用できる空港ラウンジは、国内25空港33ラウンジと全てのゴールドカードの中で最多であるため、このOMCゴールドカード(ハローキティ)も、JCBを選択すれば、国内最多の空港ラウンジを無料で利用できるということになります。

デスクサービスも充実しており、365日24時間のあらゆる健康相談に医師や看護士が答えてくれる「メディカルコール」に365日24時間どこにいても電話一本でかけつけてくれる「ロードサービス」を提供しており、大変便利です。

このように、魅力的な機能とデザインを備えるセディナゴールドカードハローキティは、年会費は6000円(税抜)となっており、これは、アメックスゴールドの27100円や、JCBゴールドカードの10,000円(税別)と比較すると大変、お得な価格だといえるのではないでしょうか?

この、セディナゴールドカードハローキティの審査基準は、「原則として、満30歳以上、年収500万円以上で勤続5年以上の方」とやや厳しめですが、この基準をクリアしており、このカードのデザイン、機能に魅力を感じる方は、チャレンジしてみる価値があるゴールドカードです。

現在キャンペーンを行っているその他のクレジットカードキャンペーン情報

ここから下は上記記事とは別となりますが、現在入会キャンペーンを行っているオススメのクレジットカード情報一覧になります。

キャンペーン中カード情報1
アメリカン・エキスプレス・ゴールド・カード・・・条件クリアで最大30000ポイントが貰える入会キャンペーンを開催中!なお、アメックスグリーンと呼ばれるアメリカン・エキスプレス・カードも併せて条件クリアで最大17500ポイントが貰える入会キャンペーンを行っています!2年目以降のことも考えて、年会費の低いアメックスを持ちたい!という方は、こちらもお薦めです!

キャンペーン中カード情報2
ANAアメリカン・エキスプレス・カード2019年9月30日までにwebから申し込むと最大35,000ポイント(35,000ANAマイルに交換可)が貰える入会キャンペーンを行っています!

ページトップへ↑