ダイナースクラブ比較

ダイナースクラブ比較(ゴールドカードおすすめ比較2017)

TOPページ ゴールドカード比較 > ダイナースクラブ比較

 

ダイナースクラブ比較


>>ダイナースクラブカードの申込はコチラ


ダイナースクラブブランドのカードには、いくつか種類があります。

もし、あなたが「マイルを貯める」ことに興味がなく、ダイナースクラブブランドのカードが欲しいのであればプロパー(あるいはレギュラー)と呼ばれる通常のダイナースクラブカードへの申し込みをおすすめします。

(:ダイナースクラブカードの機能や特徴について知りたい方は別途「こちらの記事」で紹介しています。)

なぜなら、全てのダイナースクラブブランドカードは、ダイナースクラブカードの機能を持っており、その他のダイナースクラブブランドのカードはダイナースクラブカード+αして提携の航空会社のマイル機能を持っているだけの違いしかないためです。

マイルを貯める」ことに興味がある方のために、ここでは下記の5枚のダイナースクラブブランドのカードを年会費、キャンペーン、マイル機能について比較解説していきます。

ダイナースクラブカード
年会費:22,000円(税別)

特徴:プロパーと呼ばれるダイナースクラブカードの基本カード。プレミアムカードを目指す方も
マイル移行手数料:年会費6,000円(税別)
マイルの種類:ANA、アリタリア航空、大韓航空、デルタ航空、ユナイテッド航空のマイルへ交換可能、ただしANAマイルは年間4万マイル以上の交換は不可

MileagePlusダイナースクラブカード
年会費:28,000円(税別)
マイル交換手数料:0円
マイルの種類:マイレージ・プラス
フライトでマイルが貯まる航空会社:ANA(全日空)、アシアナ航空、トルコ航空、ニュージーランド航空、ポーランド航空、上海航空等のスターアライアンスと呼ばれる航空グループのフライトでもマイルが貯まります。貯まったマイルをANAの航空券に交換できることから人気の高いマイレージカードです。

ANAダイナースカード
年会費:27,000円(税別)
新規入会2,000マイル+継続2,000マイルプレゼント

マイル交換手数料:0円
マイルの種類:ANAマイル
フライトでマイルが貯まる航空会社:全日空、ユナイテッド航空、シンガポール航空、タイ国際航空、ルフトハンザ航空、アシアナ航空、中華国際航空


上記のダイナースクラブブランドのカードの中で、どのカードを選ぶかは貯めたいマイルプログラムによって決められます。

ANAマイルを貯めたいという方は、やはりANAダイナースカードをマイレージプラスマイルを貯めたいという方はMileagePlusダイナースクラブカードを、JALマイルを貯めたいという方は、JALダイナースクラブカードがおすすめです。


但し、「ANAマイル」と「スカイマイル」と「マイレージプラスマイル」は、通常のダイナースクラブカードを利用して貯めることもできます。

ダイナースクラブカードは、年会費6300円ダイナースグローバルマイレージに参加すれば、1万円のカード決済で貯まった1クラブポイントをANAやスカイマイルの100マイルに交換することができますのでカードで貯まるポイントだけでマイルを貯めたい方はダイナースクラブカードだけでも問題ありません。

ただ、上記のように通常のANA カードを利用してもANAマイルを貯めることはできますが、それでもやはり「ANAに年に10回以上乗る方」であればANAダイナースカードを選択することをオススメします!

ANAダイナースカードは、毎年、2000ANAマイルのボーナスマイルが付与されます。ANAマイルは1マイル=1円としてEdyに交換できますので、1マイル=1円と考えると、まずはこの特典だけで2000円の価値があると言えます。

さらにANAダイナースカードは、<ダイナースクラブカードがポイントをマイルに交換する際に必要な6300円の手数料が一切かからずポイントをマイルに交換できます。そのためダイナースクラブカードよりも6300円の価値があるといえます。

毎年のボーナスポイント2000円マイル交換手数料無料の6300円の価値を合わせるとすでに8300円の価値があり、この2つの特典だけでダイナースクラブカードとの年会費の差は埋まっていると考えられます。

さらにANAダイナースカードは、ANAのフライトで通常のマイルに加えて25%のボーナスマイルが貰えるという特典や、Edyへのチャージ100円につき1マイルが貯まり、さらにEdy機能付きのANAダイナースカードにした場合にはEdy100円の使用で1マイルが貯まるというダイナースクラブカードにはない機能を持っています。

Edyへのチャージでマイルが貯まる機能は、数あるクレジットカードの中でも現在はANAダイナースカードANAJCBワイドゴールドカードしか持っていない特典ですので、この機能のためにANAダイナースカードを持っている方もいうようです。


ダイナースクラブブランドのカードは、その高いステータスと充実の機能を兼ね揃えた大変、魅力的なカードですので、ぜひ、あなたのライフスタイルに似合ったダイナースクラブカードを手に入れてください!


(:ダイナースクラブカードの機能や特徴について知りたい方は別途「こちらの記事」で紹介しています。)

(:ダイナースクラブカードのキャンペーンについては別途「こちらの記事」で紹介しています。)

おすすめカード情報①
アメリカン・エキスプレス・ゴールド・カード・・・初年度年会費無料キャンペーンを開催中!年会費27,000円(税抜)のゴールドカードを初年度無料で利用できるまたとないチャンスです!是非、ご利用ください!なお、アメックスグリーンと呼ばれるアメリカン・エキスプレス・カードも併せて初年度年会費無料キャンペーンを行っています!2年目以降のことも考えて、年会費の低いアメックスを持ちたい!という方は、こちらもお薦めです!

0514_amazon_468x60_gold.gif

ページトップへ↑