プラチナカード比較

プラチナカード比較(ゴールドカードおすすめ比較2017)

TOPページ ゴールドカードの上手な利用法 > プラチナカード比較

 

プラチナカード比較

プラチナカードも最近は色々な種類のカードが出ています。

プラチナカードはゴールドカードのさらに上のグレードのカードになります。年会費もその分高くなりますが、特典もその分増えます。

プラチナカードに共通の機能としては「保険野付帯額が大きい」「プライオリティパスへの入会が出来る」などがあります。

それ以外の特典に関してはどれ位そのカードを利用するかを考えて検討するといいでしょう。

当サイトの一押しプラチナカードはMUFGカード・プラチナ・アメリカン・エキスプレス・カードです。

MUFGカード・プラチナ・アメリカン・エキスプレス・カード年会費は20,000円(税別)になっています。特典を見てみると、国内、世界600か所以上の空港ラウンジが利用出来るプライオリティパスへの加入が出来たり、海外旅行傷害保険は最高1億円、国内旅行傷害保険は最高5000万円ついていたり、記念月はポイントが2倍になる「アニバーサリーポイント」がついたり、利用金額に応じて翌年の基本ポイントが20%up~50%upしたりなどの特典が満載です。

プライオリティパスは年会費: 99米ドルかかりますので1ドル76円とすると7500円程の換算になります。

さらに、Hertz #1 Club Gold®会員として、アメリカを中心に特別なサービスを年会費無料で利用できます。

Hertz #1 Club Gold®会員は、通常5,000円(税込)がかかるサービスで、空港に着いた際に、カウンターに寄らずに、専用のパーキング・エリアで車をピックアップしてすぐに出発が可能になるサービスです。(北米の主要空港、ロンドン・ヒースロー空港など)メンバー専用パーキングのない営業所では、メンバー専用カウンターで車の鍵を受取るだけで出発が可能になりますので大変便利です。

このほかにも、ビジネスクラスの航空券を特別優待料金で乗れたり海外での利用ポイントが2倍に、初年度は国内での利用ポイントが1.5倍になったり、海外旅行保険が1億円付帯したりなどのサービスも付いています。

そういった意味でもプラチナカードおススメの1枚としています。

また、ANAをヘビーローテーションする方はANA JCBカード プレミアムがおススメです。

年会費は73,500円と高額ながら、毎年カード継続の度にボーナスマイル10,000マイルをプレゼントしてくれます。

さらに、搭乗ごとのボーナスマイルが+50%、ANA航空券購入時マイルが2倍、ANAラウンジの利用が出来る、海外ラウンジ利用が出来るプライオリティ・パスに加入できる、Oki Dokiポイントが2倍貯まる、「ハーツNo.1クラブ・ゴールド」という通常通常年会費5,000円(税込)がかかるものが年会費無料になるサービス、日本国内でトヨタ・レンタカーのご利用代金が、一般料金から15%引き、などサービスが満載です。

もちろん保険も充実しており、海外旅行保険は最高1億円、国内旅行傷害保険も最高1億円となっています。年間最高500万円のショッピングガード保険(国内/海外)が購入日から90日間ついてきます。


SuMi TRUST CLUBードのプラチナカードであるSuMi TRUST CLUB プラチナカードは、年会費35000円(税別)ながらも、ポイントに有効期限がない、プライオリティ・パスの無料登録可能、ショッピング保険は国内外問わず年間500万円まで補償などの特典があります。

おすすめカード情報①

ダイナースクラブカード・・・ダイナースクラブカードは「先着1500名様限定で初年度年会費無料キャンペーン」を行っています!自分から申し込みができるカードの中では最高峰のステータスと言われるダイナースクラブカードをお得に手に入れるこの機会を是非、有効にご利用ください!

おすすめカード情報②
アメリカン・エキスプレス・ゴールド・カード・・・初年度年会費無料キャンペーンを開催中!年会費27,000円(税抜)のゴールドカードを初年度無料で利用できるまたとないチャンスです!是非、ご利用ください!なお、アメックスグリーンと呼ばれるアメリカン・エキスプレス・カードも併せて初年度年会費無料キャンペーンを行っています!2年目以降のことも考えて、年会費の低いアメックスを持ちたい!という方は、こちらもお薦めです!

0514_amazon_468x60_gold.gif

ページトップへ↑