SBIプラチナカード

SBIプラチナカード(ゴールドカードおすすめ比較2016)

TOPページ ゴールドカード一覧 > SBIプラチナカード

 

SBIプラチナカード

プラチナ仕様のMasterCardプレミアムカード

日本初のMasterCardプラチナカード!
SBIカードの最上位にはSBIワールドカードというものが存在するので、「SBIプラチナカード」は、それに次いで上級のカードといえます。カードそのものに、実際にプラチナが使用されていますので、ビジュアルとしてのプレミア感も充分あるカードです。そして、プラチナカードの多くが招待制ですが、このカードの場合は申し込みによる入会審査を要します。カードの入会には、20歳以上であり収入があることが必要。また、学生は受け付けられない決まりとなっています。年会費は30,000円(税別)となっており、プラチナカードとしては他社のものと比較しても割安な金額です。家族会員は1枚目まで発行が無料となり、2枚目以降は1枚につき5250円が必要となります。

メリットその1 MasterCardのプレミアムサービスが利用できる
MasterCardプレミアムカード会員向け限定優待サービス「MasterCard Taste of Premium」を利用することができます。特に、ダイニング特典に関しては、提携50店舗の高級レストランの所定メニューを2名以上で予約した場合に、1名様分の料金が無料になるグルメサービスや、海外旅行時の往路・復路でそれぞれ手荷物(5㎏まで)2個まで無料宅配してくれるサービスのラインナップは、VISAプラチナカードに勝ります。

メリットその2 出発までゆっくり寛げる「プライオリティ・パス」
SBIプラチナカード会員の方は、空港ラウンジプログラムのプライオリティ・パスに無料で入会できます(別途申込み不要)。
航空会社、チケットのクラス、空港ラウンジプログラムへの参加不参加に関わらず、世界100カ国300以上の都市、600か所以上の空港VIPラウンジが利用できます。

メリットその3 ポイント還元率も魅力的
ポイントプログラムが充実しているというところもこのカードのメリットです。SBIカード独自のポイントプログラムであるサークルプラスはSBIプラチナカードのクレジット払いにすると、利用額1,000円で10ポイントを獲得することができます。しかも貯めたポイントを商品ではなく現金に変えることもできます。通常、現金などに変える場合には還元率が悪くなりますが、10,000ポイントまで貯めると還元率が1.0%から1.2%にアップする点が魅力的です。

その他にも家族特約付きで最高1億円を保障する国内・海外旅行傷害保険の付帯、年中無休のSBIカードメンバーデスクなど、他のプラチナカードにはない魅力を備えたカードと言えるでしょう。

おすすめカード情報①

ダイナースクラブカード・・・ダイナースクラブカードは「2017年5月31日までに当サイトからご入会後、3ヵ月以内にショッピングでカードを25万円以上ご利用でオリジナル マイサインキットまたは15,000ポイントプレゼントキャンペーン」を行っています!実質初年度2000円の年会費で、自分から申し込みができるカードの中では最高峰のステータスと言われるダイナースクラブカードをお得に手に入れるこの機会を是非、有効にご利用ください!

おすすめカード情報②
アメリカン・エキスプレス・ゴールド・カード・・・当サイトから申し込み限定で条件なしで初年度年会費無料キャンペーンを開催中!年会費27,000円(税抜)のゴールドカードを初年度無料で利用できるまたとないチャンスです!是非、ご利用ください!なお、アメックスグリーンと呼ばれるアメリカン・エキスプレス・カードも併せて初年度年会費無料キャンペーンを行っています!2年目以降のことも考えて、年会費の低いアメックスを持ちたい!という方は、こちらもお薦めです!

0514_amazon_468x60_gold.gif

おすすめカード情報③
セゾン・プラチナ・ビジネス・アメリカン・エキスプレス・カード・・・2017年3月31日までに当サイトから申し込み限定で入会後翌々月末までに50万円以上のカード利用で2000ポイント(1万円のギフト券に交換可)がもれなく貰えるキャンペーン中!条件をクリアできれば年会費20,000円以上に得することができるチャンスですので、是非、この機会をご利用ください!

ページトップへ↑