ETCカードのみを作るには

ETCカードのみを作るには(ゴールドカードおすすめ比較2016)

TOPページ ゴールドカード比較 > ETCカードのみを作るには

 

ETCカードのみを作るには


クレジットカードは持っているので、
ETCカードのみを発行したい方へ。

ETCカードの作り方はとても簡単!

ETCの利用料金は、クレジットカードで支払うことが基本。ですから、クレジットカードは必要です。ただ、クレジットカードはすでに持っているが、クルマを使うことがこれまでなかった方や、新たに免許を取得してクルマを購入した方で、これから実際にETCカードを使いたいという方は大勢いらっしゃると思います。その場合ETCカードの発行は、審査がないのでスピーディーです。お使いのクレジットカード会社に電話やインターネットでETCカードの追加発行を申し込むだけで発行されます。また、ETCの年会費は、ほとんどの場合無料です。

クレジットカードがなくても、ETCカードは発行できる
何らかの理由でクレジットカードを持てない、または持ちたくない方もいらっしゃると思います。そのような方でもETCカードは発行できます。「ETCパーソナルカード」は、クレジットカード契約をしたくない、もしくは契約ができない方がETCを使うために、NEXCO東日本/中日本/西日本、首都高速道路株式会社、阪神高速道路株式会社、本州四国連絡高速道路株式会社の6社が共同して発行するETCカード。道路通行料金の支払いに限定されたカードです。申し込みにあたっては、あらかじめ保証金(デポジット)を預託することが条件となります。
ETCパーソナルカードで利用した通行料金は、持ち主の金融機関口座(ゆうちょ銀行の通常貯金口座または銀行等の預金口座であって、本人名義または生計を一にする父母、配偶者もしくは子の名義の口座)から1カ月単位で引落しします。デポジットは、あくまでもETCパーソナルカード発行にあたっての保証金であり、毎月の利用額を差し引く前払金ではありません。またカードの運営に要する費用のため、カード1枚あたり1,200円(税込み)の年会費が必要です。
申し込みの際に、平均利用月額と年間最高利用月額を申告し、平均利用月額を5千円単位で切り上げた額を4倍した額と、年間最高利用月額を2万円単位で切り上げた額とを比較し、いずれか高い額をデポジットとして預託します。カード発行後は、利用実績に応じてデポジットの増額が求められることがあります。
こうして発行されたETCカードは、ETCマイレージサービス、深夜割引、通勤割引、早朝夜間割引など、クレジットカード会社が発行するETCカードと同様の割引が受けられます。

おすすめカード情報①

ダイナースクラブカード・・・ダイナースクラブカードは「2017年5月31日までに当サイトからご入会後、3ヵ月以内にショッピングでカードを25万円以上ご利用でオリジナル マイサインキットまたは15,000ポイントプレゼントキャンペーン」を行っています!実質初年度2000円の年会費で、自分から申し込みができるカードの中では最高峰のステータスと言われるダイナースクラブカードをお得に手に入れるこの機会を是非、有効にご利用ください!

おすすめカード情報②
アメリカン・エキスプレス・ゴールド・カード・・・2017年2月28日までに当サイトから申し込み限定で条件なしで初年度年会費無料キャンペーンを開催中!年会費27,000円(税抜)のゴールドカードを初年度無料で利用できるまたとないチャンスです!是非、ご利用ください!なお、アメックスグリーンと呼ばれるアメリカン・エキスプレス・カードも併せて初年度年会費無料キャンペーンを行っています!2年目以降のことも考えて、年会費の低いアメックスを持ちたい!という方は、こちらもお薦めです!

0514_amazon_468x60_gold.gif

おすすめカード情報③
セゾン・プラチナ・ビジネス・アメリカン・エキスプレス・カード・・・2017年2月28日までに当サイトから申し込み限定で入会後翌々月末までに50万円以上のカード利用で2000ポイント(1万円のギフト券に交換可)がもれなく貰えるキャンペーン中!条件をクリアできれば年会費20,000円以上に得することができるチャンスですので、是非、この機会をご利用ください!

ページトップへ↑