海外でのクレジットカード利用手数料

海外でのクレジットカード利用手数料(ゴールドカードおすすめ比較2017)

TOPページ ゴールドカード比較 > 海外でのクレジットカード利用手数料

 

海外でのクレジットカード利用手数料

クレジットカードの手数料は、カードによって異なります。

海外での買い物はクレジットカードがおトク
VISAやMasterといった国際クレジットカード会社は、市場での為替動向や各国の経済情勢などを加味しながら各通貨間の換算レートを毎日決定します。新聞やテレビなどで「今日の為替相場」などと言っているのは、外国為替市場での銀行間取引レート(TTM)のことで、これら二つのレートは、ほぼ同じ数字です。ところが海外でクレジットカードを利用した場合は手数料が1.6%ほど上乗せされます。クレジットカード会社が決定した換算レートが1ドル=110円なら、利用者に請求されるのは1ドルにつき111.76円ということになります。このレートは買物の時点では確定しておらず、利用データが集計センターに送られた時点で初めて確定し、その数字は利用明細書などでやっと分かるわけです。一方のトラベラーズチェックですが、米ドル建てTCを買う場合のレートは銀行間取引レート+1円、発行手数料が1%以上かかりますから、全体では銀行間取引レートに約2%が上乗せされることになり、クレジットカードの方が有利ということになります。また日本の銀行で米ドル現金に両替した場合のレートは、銀行間取引レート+3円となり、3%以上の手数料で三者の中で一番不利です。

利用手数料が安いクレジットカード
クレジットカード発行会社の事務手数料は、VISA、Masterが1.63%、JCBが1.6%とされています。ユーザーとしては、海外では少しでも手数料が安く、かつポイント還元率の高いクレジットカードを利用したほうがおトクということになります。
逆に手数料率が高いクレジットカードは、SBIカード、AMEXなどです。海外旅行で複数枚のクレジットカードを持っていたら、これらのクレジットカード以外のクレジットカードでJCBやVISAが付いたクレジットカードを利用した方がレート的には有利です。

JCBカード
・初年度年会費無料 年間利用額50万円以上で翌年度年会費無料
・1,000円=1ポイント ポイント還元率は0.5%+α~0.75%+α
・海外での利用はポイント2倍
・最高3000万円の海外・国内旅行保険付帯
・海外での利用にはショッピング保険付帯
三井住友VISAカード
・ネット申込みなら初年度年会費無料 利用状況により翌年も無料
・利用付帯の海外旅行保険付帯
・1,000円=1ポイント ポイント還元率は0.5%-0.65%
・ポイントUPモールならポイント2〜20倍
・国内・海外利用ともショッピング保険付帯

おすすめカード情報①

ダイナースクラブカード・・・ダイナースクラブカードは「2017年10月31日までに入会後3ヶ月以内に30万円以上のカードご利用、かつエグゼクティブダイニングご利用で年会費相当分(23,760円)のキャッシュバックキャンペーン」を行っています!自分から申し込みができるカードの中では最高峰のステータスと言われるダイナースクラブカードをお得に手に入れるこの機会を是非、有効にご利用ください!

おすすめカード情報②
アメリカン・エキスプレス・ゴールド・カード・・・初年度年会費無料キャンペーンを開催中!年会費27,000円(税抜)のゴールドカードを初年度無料で利用できるまたとないチャンスです!是非、ご利用ください!なお、アメックスグリーンと呼ばれるアメリカン・エキスプレス・カードも併せて初年度年会費無料キャンペーンを行っています!2年目以降のことも考えて、年会費の低いアメックスを持ちたい!という方は、こちらもお薦めです!

0514_amazon_468x60_gold.gif

おすすめカード情報③
セゾン・プラチナ・ビジネス・アメリカン・エキスプレス・カード・・・2017年9月30日まで2,000ポイント(10,000円相当)プレゼントキャンペーン中!条件をクリアできれば年会費20,000円以上に得することができるチャンスですので、是非、この機会をご利用ください!

ページトップへ↑