クレジットカードで海外旅行傷害保険

クレジットカードで海外旅行傷害保険(ゴールドカードおすすめ比較2017)

TOPページ ゴールドカードを持つ前に > クレジットカードで海外旅行傷害保険

 

クレジットカードで海外旅行傷害保険

クレジットカードで海外旅行傷害保険を補う

海外での医療費や賠償金は、かなりの額になるおそれがあります。ぜひ、万が一のために保険は入っておきましょう。

海外旅行傷害保険+クレジットカードで安心倍増

海外旅行に行く時に忘れてはならないのが、パスポートと海外旅行傷害保険。保険にまったく加入せずに旅行に行くのは、さすがに不安が大きいものです。海外での医療費は非常に高くつくのが常識。短期間だからといって大丈夫だろうではなく、万が一の時でも安心できるように準備して、海外に行くべきです。

海外旅行傷害保険には損害保険会社が提供する保険のほかに、クレジットカードに付帯するものがあります。長期の旅行や重要な出張には損害保険会社の保険とクレジットカードの付帯保険で万全の準備をしておきましょう。複数枚のクレジットカードの海外旅行傷害保険は併用することができるので、高い保険料を支払った時と同等の補償を受けることが可能です。

海外旅行傷害保険が自動付帯のクレジットカード
クレジットカードの旅行傷害保険には、カードを持っているだけで付帯される自動付帯のものと、旅行代金をカードで決済すれば付帯される利用付帯のものがあります。旅行代金にカードを使わないのであれば、自動付帯を持っていないと保険が使えません。例えば、年会費無料のカードでも、自動付帯で充実した補償のカードがあります。

JCB EITカードは、海外旅行傷害保険は死亡・後遺障害が2,000万円、傷害治療費用が100万円、疾病治療費用が100万円自動付帯します。そのほか賠償責任2,000万円、救援者費用 100万円、携行品損害が20万円と補償が充実しています。またショッピングガード保険も付帯しています。

オリコカード iBは、海外旅行傷害保険は自動付帯。死亡・後遺障害が2,000万円に対して、傷害治療費用が200万円、疾病治療費用が200万円。賠償責任2,000万円、救援者費用 200万円、携行品損害が20万円も付帯しています。

もちろん、年会費が高くなれば保険の充実度も増します。

○アメリカン・エキスプレス・カードで旅行代金を支払うと、最高5,000万円までの補償が適用されます。さらに、カード会員の配偶者、カード会員と生計を共にする親族は最高1,000万円までの補償が付きます。

○三井住友プラチナカードは、最高1億円の海外旅行傷害保険が自動付帯されています。そのほか、傷害・疾病治療費用は500万円、携行品損害は100万円、賠償責任は5,000万円など幅広く補償しています。

おすすめカード情報①

ダイナースクラブカード・・・ダイナースクラブカードは「2017年5月31日までに当サイトからご入会後、3ヵ月以内にショッピングでカードを25万円以上ご利用でオリジナル マイサインキットまたは15,000ポイントプレゼントキャンペーン」を行っています!実質初年度2000円の年会費で、自分から申し込みができるカードの中では最高峰のステータスと言われるダイナースクラブカードをお得に手に入れるこの機会を是非、有効にご利用ください!

おすすめカード情報②
アメリカン・エキスプレス・ゴールド・カード・・・初年度年会費無料キャンペーンを開催中!年会費27,000円(税抜)のゴールドカードを初年度無料で利用できるまたとないチャンスです!是非、ご利用ください!なお、アメックスグリーンと呼ばれるアメリカン・エキスプレス・カードも併せて初年度年会費無料キャンペーンを行っています!2年目以降のことも考えて、年会費の低いアメックスを持ちたい!という方は、こちらもお薦めです!

0514_amazon_468x60_gold.gif

おすすめカード情報③
セゾン・プラチナ・ビジネス・アメリカン・エキスプレス・カード・・・2017年5月31日まで1,000ポイント(5,000円相当)プレゼントキャンペーン中!条件をクリアできれば年会費20,000円以上に得することができるチャンスですので、是非、この機会をご利用ください!

ページトップへ↑