利用限度額最高カード

利用限度額最高カード(ゴールドカードおすすめ比較2017)

TOPページ お奨めのゴールドカード > 利用限度額最高カード

 

利用限度額最高カード


ゴールドカードが欲しい!」
と、考えるひとつの理由にクラシックカードで設定されている限度額(10~30万円)を月々のカード決済の総額が超えてしまうため、より限度額が大きいゴールドカードにしたいというものがあります。

ズバリゴールドカードの中で限度額最高を誇るのは、ダイナースクラブカードです。

その限度額は、一律の制限なし。
なら、車やマンションをダイナースクラブカードで買うことはできるのでしょうか?
と、問われれば、答えは、「限定的」にですが「イエス」です。
限定的」と前置きをつけたのは、ダイナースクラブカードが、「一律の制限なし」をうたっています。

ダイナースクラブカードの利用限度額は、「一律の制限をもうけておりません」ので、利用限度枠は個別に設定されています。そのため、高額なカード決済を事前連絡なしで行うと、その場でカード会社への承認確認が行われます。もちろん、「原則、制限なし」をうたっているため、ほとんどの場合は、承認がおりるといわれていますが、カード発行直後は、承認がおりない場合もあるようです。ただし、前もって「結婚式の準備のため今月は300万程度のカード決済を行います。」というような連絡を入れておけば問題なく、高額なカード決済もスムーズに行えます。

はじめに個別に設定される限度額については、ウワサの粋をでませんが「事前に申告した年収額の20分の1以上の利用で電話承認が必要で、カード発行当初の限度額は100~300万」で、「カードの使用頻度・決済額に応じて通知なしで限度額はアップする」といわれています。

以上のようなことを踏まえても、一般的なゴールドカードは、30~150万の限度額ですし、限度額がアップしても250万で頭打ちだといわれていますので、やはり「限度額が高いカード」を選ぶのであれば、ダイナースクラブカードが最もオススメです。

>>ダイナースクラブカードの申込みはコチラ

ダイナースクラブカード以外では、【セゾン】プラチナ・アメリカン・エキスプレス・カードの限度額設定額の限界は、300~500万となっており、高額です。

【セゾン】プラチナ・アメリカン・エキスプレス・カードは年会費20000円(税抜き)と一見、年会費が高額に感じますが、年間100万円以上のカード決済で次年度からは半額の10,000円になるため、限度額が大きいカードを探している方であれば10,000円の年会費でプラチナカードのサービスを受けることができるお得なカードとしてお薦めです!

>>【セゾン】プラチナ・アメリカン・エキスプレス・カードの申し込みはコチラ

また、三井住友VISAゴールドカードは、カード発行直後は70~200万の限度額ですが、利用年数が増すにつれて限度額が順調に増えていくカードとして知られています。

三井住友VISAゴールドカードは、この記事で紹介したカードの中で唯一、三井住友VISAゴールドカード初年度年会費無料のキャンペーンを行っていますので、初年度の負担を少なくしたい方には最もお薦めです!

>>三井住友VISAゴールドカードの申し込みはコチラ

おすすめカード情報①
アメリカン・エキスプレス・ゴールド・カード・・・初年度年会費無料キャンペーンを開催中!年会費27,000円(税抜)のゴールドカードを初年度無料で利用できるまたとないチャンスです!是非、ご利用ください!なお、アメックスグリーンと呼ばれるアメリカン・エキスプレス・カードも併せて初年度年会費無料キャンペーンを行っています!2年目以降のことも考えて、年会費の低いアメックスを持ちたい!という方は、こちらもお薦めです!

0514_amazon_468x60_gold.gif

ページトップへ↑