年会費と審査基準で比較(ゴールドカード比較!特典・審査・空港ラウンジをゴールドカードで活用!)

年会費と審査基準で比較(ゴールドカード比較!特典・審査・空港ラウンジをゴールドカードで活用!)

TOPページ ゴールドカード比較 > 年会費と審査基準で比較

 

年会費と審査基準で比較

本サイトで紹介しているゴールドカードでもっとも年会費が低いものは年会費永年無料の「イオンゴールドカード」になります。

この「イオンゴールドカード」は、イオンカード年間100万円以上利用すれば送られてくるインビテーション(招待)を受けないと手に入れることができない特殊なゴールドカードになります。

webから申込ができるゴールドカードの中で年会費がもっとも低いものはオリコプレミアムゴールドiDカード年会費1980円になります。

次いで年会費2,000円(初年度年会費無料)MUFGカード ゴールドになります。

(※今なら当サイトから入会した方限定で1000円のギフト券がもれなく貰えるキャンペーンを行っているため、実質年会費がもっとも低いゴールドカードだといえます。)

ただし、オリコプレミアムゴールドiDカードMUFGカード ゴールドは、ゴールドカードの魅力のひとつである「空港ラウンジの無料利用」の機能が付いていません。

空港ラウンジの無料利用」の機能が付いており年会費が低いゴールドカードは年会費3150円(初年度年会費無料)三井住友VISAヤングゴールドカード20sシティ エリートになります。

一方、年会費が最も高額なのは申込ができるプラチナカードとして知られる年会費31500円SBIプラチナカード、次いで年会費27300円アメリカン・エキスプレス・ゴールド・カードになります。

審査の年齢制限や年収制限が低いものは「18歳以上の安定収入がある方」と18歳、19歳という未成年の申し込みも可能にしたMUFGカード ゴールド【セゾン】ゴールド・アメリカン・エキスプレス・カード年会費10500円)と<セゾン>ゴールドカード年会費10500円)になります。

また、審査が厳しいといわれているゴールドカードには、「クラブとしての所定の審査がございます」と審査基準を公開していないダイナースクラブカードや「30歳以上」という年齢条件に加えて所定の審査を行っているという三井住友VISAゴールドカードが挙げられますが、現在は、だいぶ審査基準が緩和されかなり審査に通りやすくなっているといわれています。

カード名

年会費

審査基準

0円

なし(ただし、年100万円以上使った翌年以降の発行)

2,000円

18歳以上で安定収入(学生不可)

3150円

年収200万,22歳以上

5,250円

20歳以上で安定収入(学生不可)

10,500円

20歳以上の安定収入のある方

10,500円

20歳以上で安定収入(学生不可)

10,500円

30歳以上で安定収入

12,600円

25歳以上で安定収入

12,600円(※1)

年収400万,25歳以上

15,750円(※1)

ダイナースクラブ所定の審査

21,000円

20歳以上で安定収入(学生不可)

10,500円

18歳以上で安定収入(学生不可)

27,100円

25歳以上で定職・安定収入

10,500円

年収500万,満30歳,勤続5年以上

10,500円

年収500万,満25歳以上

(※1)は、現在、初年度年会費無料のキャンペーンを行っています。

おすすめキャンペーン情報①
現在、MUFGとのタイアップにより当サイトのリンクからMUFGカード ゴールドに入会した方にもれなく1000円のギフト券が貰えるキャンペーンを行っています!カードの機能やキャンペーン情報の詳細はコチラの記事で。

おすすめキャンペーン情報②
現在、JCBカードとのタイアップにより当サイトのリンクからJCBゴールドカードに入会した方にもれなく2000円のスターバックスカードが貰えるキャンペーンを行っています!カードの機能やキャンペーン情報の詳細はコチラの記事で。

T_ba468x60.gif

おすすめカード情報①
シティ エリート年会費3150円!「トラベラーズチェック手数料無料」&「国内26空港の空港ラウンジ無料可能」と機能とステータスを兼ねそろえた魅力的な機能をそろえたカードです!シティ エリートの機能の詳細はコチラの記事に記してありますので参考にしてください!

ページトップへ↑