年会費と審査基準で比較

年会費と審査基準で比較(ゴールドカードおすすめ比較2017)

TOPページ ゴールドカード比較 > 年会費と審査基準で比較

 

年会費と審査基準で比較

本サイトで紹介しているゴールドカードでもっとも年会費が低いものは年会費永年無料の「イオンゴールドカード」になります。

この「イオンゴールドカード」は、イオンカード年間100万円以上利用すれば送られてくるインビテーション(招待)を受けないと手に入れることができない特殊なゴールドカードになります。

webから申込ができるゴールドカードの中で年会費がもっとも低いものはオリコプレミアムゴールドiDカード年会費1980円になります。

次いで年会費2,000円(初年度年会費無料)MUFGカード ゴールドになります。

(※今なら当サイトから入会した方限定で1000円のギフト券がもれなく貰えるキャンペーンを行っているため、実質年会費がもっとも低いゴールドカードだといえます。)

ただし、オリコプレミアムゴールドiDカードMUFGカード ゴールドは、ゴールドカードの魅力のひとつである「空港ラウンジの無料利用」の機能が付いていません。

空港ラウンジの無料利用」の機能が付いており年会費が低いゴールドカードは年会費3000円(税別)(初年度年会費無料)三井住友VISAプライムゴールドカードになります。

また、NTTグループカード ゴールドも年会費5,000円(税別)と低額で、「年間ミリオンプレゼント」と呼ばれる、「一年間で100万円以上のカード決済を行うともれなく次年度年会費が無料になる」という機能があります。

しかも、今なら4ヵ月以内に20万円以上の利用で17,000円分キャッシュバックキャンペーン中です。

一方、年会費が最も高額なのは年会費26000円(税別)アメリカン・エキスプレス・ゴールド・カードになります。

審査の年齢制限や年収制限が低いものは「18歳以上の安定収入がある方」と18歳、19歳という未成年の申し込みも可能にしたMUFGカード ゴールド【セゾン】ゴールド・アメリカン・エキスプレス・カード年会費10000円(税別))と<セゾン>ゴールドカード年会費10000円(税別))になります。

また、審査が厳しいといわれているゴールドカードには、「年齢27歳以上の方」というダイナースクラブカードや「30歳以上」という年齢条件に加えて所定の審査を行っているという三井住友VISAゴールドカードが挙げられますが、現在は、だいぶ審査基準が緩和されかなり審査に通りやすくなっているといわれています。

カード名

年会費

審査基準

0円

なし(ただし、年100万円以上使った翌年以降の発行)

2,000円(※1)

18歳以上で安定収入(学生不可)

3000円(税別)

年収200万,22歳以上

5,000円(税別)

20歳以上で安定収入(学生不可)

10,000円(税別)

20歳以上の安定収入のある方

10,000円(税別)

20歳以上で安定収入(学生不可)

10,000円(税別)

30歳以上で安定収入

12,000円+消費税

25歳以上で安定収入

12,000円+消費税

年収400万,25歳以上

22,000円(税別)

年齢27歳以上の方

20,000円(税別)

20歳以上で安定収入(学生不可)

10,000円(税別)

18歳以上で安定収入(学生不可)

29,000円

25歳以上で定職・安定収入

10,000円(税別)

年収500万,満30歳,勤続5年以上

10,000円(税別)

年収500万,満25歳以上

おすすめカード情報①

ダイナースクラブカード・・・ダイナースクラブカードは「先着1500名様限定で初年度年会費無料キャンペーン」を行っています!自分から申し込みができるカードの中では最高峰のステータスと言われるダイナースクラブカードをお得に手に入れるこの機会を是非、有効にご利用ください!

おすすめカード情報②
アメリカン・エキスプレス・ゴールド・カード・・・初年度年会費無料キャンペーンを開催中!年会費27,000円(税抜)のゴールドカードを初年度無料で利用できるまたとないチャンスです!是非、ご利用ください!なお、アメックスグリーンと呼ばれるアメリカン・エキスプレス・カードも併せて初年度年会費無料キャンペーンを行っています!2年目以降のことも考えて、年会費の低いアメックスを持ちたい!という方は、こちらもお薦めです!

0514_amazon_468x60_gold.gif

ページトップへ↑