三井住友VISAゴールドカード

三井住友VISAゴールドカード(ゴールドカードおすすめ比較2017)

TOPページ ゴールドカード一覧 > 三井住友VISAゴールドカード

 

三井住友VISAゴールドカード

VISAgold.jpg
>>三井住友VISAゴールドカードの申し込みはコチラ

【キャンペーン情報】
2017年6月30日までにwebから申し込むともれなく最大9500円分プレゼントキャンペーンを開催中!


CMでもお馴染み三井住友VISAカードのゴールドカードが、三井住友VISAゴールドカードです。

CM効果も手伝い、クレジットカードとしての認知度は国内No1といわれており、国際的にも三井住友VISAゴールドカードでは世界トップクラスの知名度を誇っています。

近年、審査基準を20代にまで下げるところが多いなか、現在でも「原則30才以上で安定継続収入がある人」という審査基準を保ちつづけており入会基準が高めと云われています。

三井住友VISAゴールドカードでは、国内外で使い勝手がよく、かつそのステータスの高さから人気のゴールドカードです。

ゴールドカードのスタンダードサービスである、空港ラウンジの無料利用サービスは、全国主要28空港で利用できます。

また、他のゴールドカードにはないサービスとして、航空便の遅延によって負った損害を一定額補償してくれる国内航空便遅延保険も付帯しており、このサービスを利用すれば、雪や台風で飛行機が飛ばなかったためにキャンセルしてしまったレストランやゴルフの費用を補償してくれて、安心です。

その他の保険サービスは充実しており、ショッピングガ-ド(カードで買ったものが壊れたり、盗難にあった際に損害補償してくれるもの)は300万円まで保証してくれます。もちろん海外・国内旅行での傷害保険も5000万円まで保障しており、もしもの時も安心です。

チケットの手配や、レストランの予約などを受けおってくれるゴールドデスク(但し9~19時まで)や、病気やケガについて24時間医師に相談できるドクターコール24(24時間対応)は、大変便利なサービスとして知られています。

年会費は10000円(税別)なのですが、オンライン申込をすると初年度の年会費は半額の5250円になります。

また、三井住友カードが提供している「マイ・ペイすリボ」に登録すると、翌年以降も年会費が半額の5250円になります。

このマイ・ペイすリボは、原則的にリボ払いになるシステムなのですが、毎月、ネット上又は電話で一括払いに切り替えることも可能なので、入って損はないサービスといえます。(リボ払いの上限額はある設定できますので、上限金額を高めに設定しておけば手続きせずに一括払いと同じ扱いになりますし。)

また、マイ・ペイすリボに登録をしなくても、年間100万円以上、三井住友VISAゴールドカードでを利用すると次年度年会費が20%OFF、年間300万円以上の利用で次年度年会費が半額になります。

海外の空港ラウンジが使用できない」、「ゴールドデスクサービスが24時間でない」というデメリットもありますが、この2つを重視しない方には、
三井住友VISAゴールドカードでは、自信を持ってオススメできる機能とステータスを併せ持ったゴールドカードです。

>>三井住友VISAゴールドカードの申し込みはコチラ

VISAgold.jpg

おすすめカード情報①

ダイナースクラブカード・・・ダイナースクラブカードは「2017年5月31日までに当サイトからご入会後、3ヵ月以内にショッピングでカードを25万円以上ご利用でオリジナル マイサインキットまたは15,000ポイントプレゼントキャンペーン」を行っています!実質初年度2000円の年会費で、自分から申し込みができるカードの中では最高峰のステータスと言われるダイナースクラブカードをお得に手に入れるこの機会を是非、有効にご利用ください!

おすすめカード情報②
アメリカン・エキスプレス・ゴールド・カード・・・当サイトから申し込み限定で条件なしで初年度年会費無料キャンペーンを開催中!年会費27,000円(税抜)のゴールドカードを初年度無料で利用できるまたとないチャンスです!是非、ご利用ください!なお、アメックスグリーンと呼ばれるアメリカン・エキスプレス・カードも併せて初年度年会費無料キャンペーンを行っています!2年目以降のことも考えて、年会費の低いアメックスを持ちたい!という方は、こちらもお薦めです!

0514_amazon_468x60_gold.gif

おすすめカード情報③
セゾン・プラチナ・ビジネス・アメリカン・エキスプレス・カード・・・2017年4月27日までに当サイトから申し込み限定で1000ポイント(5000円のギフト券に交換可)がもれなく貰えるキャンペーン中!条件をクリアできれば年会費20,000円以上に得することができるチャンスですので、是非、この機会をご利用ください!

ページトップへ↑